コメント投稿      Notes 2019  

 
 
    コメント投稿
 
 
 

2020.5.21

 緊急事態宣言の解除が進んでいますが、首都圏と北海道が継続になりました。まだまだ県境を越えての移動がはばかられる状況なので、取材に行けそうもありません。航空会社の応援のためにも利用してあげたいのですが、なかなかそうも行かないですね。歌舞伎も7月公演も中止になってしまいましたので、正常化するのはいつになることやらです。


2020.5.14

 ホームページの一部が見えなくなったというメールをいただきました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。サイト内の一部ページのURLが変わったため、表示できないケースが出ているようです。これまでの履歴を削除していただくと正しく表示されるようになりますので、お試しください。


2020.5.12

 緊急事態宣言が続いているために、撮影取材に行けず、家にいる時間が長くなっています。この機会にこれまで撮影した写真を改めて見直し、整理しています。このホームページに加える写真を見たり、この騒ぎが収まった後に使えそうな写真を選んだり、普段それほどできなかったことができています。どこにも行けないことを前向きに考え、この時間を有効に使いたいですね。


2020.5.3

 5月末に石木ダムの現場に行く予定にしていましたが、飛行機が欠航になってしまいました。緊急事態宣言も5月31日まで延長されるらしいので、とりあえず今回は見合わせることにしました。5月も取材に行けそうにないですね。日本の感染対策の不手際で、どうも長引きそうな気配。いつになったら撮影に行けるのか、心配です。


2020.4.25

 ホームページを見ていただいた方から「どのくらいの頻度で更新していますか」とご質問をいただきました。更新回数は少ないですが、1週間に1回程度でしょうか。Galleryの写真を追加するか、NewsかNotesに新しいことを書き加えるかしています。
 このところ新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、歌舞伎がなくなったり、撮影取材に行くのがはばかられたりするので、4月はほぼ開店休業状態です。この機会にこれまでに撮影した写真を整理することにしました。またみなさんにお見せする機会があればいいなと思います。


2020.4.16

 6月末までの歌舞伎公演が中止や延期になり、当分の間、歌舞伎の撮影がなくなってしまいました。こんな状況ですから、しばらくは撮影がないでしょうね。


2020.4.12

 5月に歌舞伎座で撮影を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で公演が延期になり、撮影がなくなってしまいました。五木村や五家荘などに取材にも行きづらく、開店休業状態です。真山隼人さんの「はやとまつり」も中止になったそうで、影響が大きいですね。PCRの検査数が少ないので、感染者がどこにいるかもわからず、気になるところです。


2020.4.2

 新型コロナウイルスの影響が広がり、先行きが見えませんね。撮影を続けている浪曲師の真山隼人さんの浪曲生活10周年を記念して4月25日に国立文楽劇場(大阪市)で開かれる予定の「はやとまつり」も開催が微妙なようです。隼人さんは超手作りCD「真山隼人独演会パート1」の販売を開始しました。浪曲2席と新作浪曲2席、曲師はもちろん沢村さくらさんです。1枚1500円(税送料込み)ですので、ご興味のある方はぜひご購入ください。購入ご希望の方はgenroku1701@mail.goo.ne.jpまでお申し込みください。


2020.3.22

 五家荘の久連子集落で、春祈祷が行われました。五穀豊穣、家内安全を祈る昔からの風習です。もともと神官を呼ばずに、集落の人たちだけで執り行われてきたものなので、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けず、中止にはなりませんでした。人が少なくなって、この行事もいつまで続けられるかわかりません。久連子は平家の落人の集落として有名で、古代踊りが行われていたのですが、すでに踊り手がいなくなり、数年前から踊られていません。日本の山村集落は、どこも限界集落と化してきています。


2020.3.21

 五木村もコロナウイルスの影響を受けていました。ひとりも感染者はいませんが、人が集まるのは良くないと、集落ごとの行事である春祈祷も中止になっています。でも、観光客は結構来ています。都市部での色々なイベントが中止されていたり、博物館などが休館しているので、五木村のような山村には来やすいのかもしれませんね。


2020.3.16

 歌舞伎座公演の再度の休演延期が決まり、19日まで休演になりました。20日から行えるかも定かではありませんが、残りの期間で撮影できるといいのですが、どうなることやらです。


2020.3.10

 撮影にも新型コロナウイルスの影響が出ています。歌舞伎も当初は10日まで中止だったのですが、15日までに延長されました。休校や自粛要請で、多くのイベントが中止になったりするので、他の取材予定も先送りになるなど、予定が立てられずに困りものです。


2020.3.8

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、北海道大学総合博物館は今のところ3月19日まで休館だそうです。山本純一さんの写真展もお休みなので、14日の講演会も中止です。19日以降も流動的でしょうから、行かれる方は北海道大学総合博物館のホームページでご確認ください。


2020.2.27

 知り合いの写真家、山本純一さんの写真展「カムイの大地」が札幌市北区の北海道大学総合博物館で3月3日〜4月26日まで開かれます。北海道の美しい風景写真が並びます。入場は無料で、3月14日(土)と4月12日(日)に講演会も開かれます。札幌在住の方、札幌に行かれる方は、ぜひお立ち寄りください。


2020.2.26

 写真展の最終日になって、ようやく時間が取れ「日韓中 高校生フォトコンテスト 写真展」を見てきました。あらためてプリントし直し、額装された写真を見ると、面白いいい写真が選ばれ、並んでいると思います。もう時間はありませんが、お近くの方はぜひご覧になってください。


2020.2.20

 宮崎在住の写真家、芥川仁さんの写真展「羽音に聴くー蜜蜂と人間の物語ー」をキヤノンギャラリー銀座で見てきました。昨年末に開かれたJPSの懇親会で知り合い、今回写真展の案内をいただきました。養蜂家の仕事を捉えた写真で、緑が印象的でした。銀座は26日まで、キヤノンギャラリー大阪は4月2〜8日です。


2020.2.14

 写真の審査をした「日韓中 高校生フォトコンテスト 写真展」が2月20日〜26日の日程で東京・新宿のアイデムフォトギャラリー「シリウス」で開かれます。日本、韓国、中国の高校生の感性の違いや、ものの見方の違いを感じさせる写真が多くならびますので、ぜひご覧になってください。


2020.2.12

 所有するオールドレンズのうちソニーEマウントのものをライカMマウントへ改造することにしました。費用はかかりますが、Mマウントにすることでソニーのボディーに縛られることなく、様々なカメラで使えることのメリットが大きいと考えました。撮影に出かけるときも、ボディーの数が少なくて済みます。活用の幅を広げることで、オールドレンズを様々なシーンで使えるので、仕上がってくるのが楽しみです。


2020.1.31

 写真家としての名前の読みを変更することにしました。表記は同じで「正明」ですが、読みはこれまでの「まさあき」から「せいめい」となります。心機一転、新たなスタートを切りたいと思います。


2020.1.30

 写真界で初めて文化勲章を受章した田沼武能さんの受章記念パーティーに行ってきました。田沼さんの奥様も参加して、お二人のエピソードの披露や田沼さんの写真のスライドショーもあり、楽しい会でした。


2020.1.18

 大阪・松竹座で行われている初春大歌舞伎の撮影に行ってきました。今回は、極まるシーンが多い芝居でした。歌舞伎の撮影の現場で、滅多に他のカメラマンと一緒になることはないのですが、偶然にも昔一緒に働いたカメラマンに会い、非常に懐かしく思いました。


2020.1.12

 東日本大震災で福島県双葉町の人たちが避難して、復興住宅が建てられた福島県いわき市の勿来復興住宅の広場で行われた「双葉町ダルマ市」に行ってきました。町の人たちが作った双葉町独特のダルマが売られていました。このイベントでは、巨大ダルマ引きなどのほか、双葉町に伝わる伝統的な民俗芸能も披露されました。ただ、双葉町民は、全国各地に避難している状況なので、伝統芸能を披露するにも人が集まるのが難しいという面があり、伝承も難しいようです。
 まだ誰も戻ることのできない双葉町ですが、この春からJR双葉駅も再開し、一部で人の立ち入りなどができるようになります。しかし、それは町全域から見れば線のようなもの。これを面に広げていくには、時間のかかります。それでも頑張っている町の人たちの姿を見てきました。


2020.1.1

 あけましておめでとうございます。昨年は、日本写真家協会に入会して、写真展を開催、写真集も上梓できました。今年は新たなスタートをするべく、活動していかなければならないと考えています。どうぞ、本年もよろしくお願いします。